坂本雄三顧問紹介

HOME > JCAとは? > 坂本雄三顧問紹介

次世代断熱の寵児として期待

住宅の断熱が全国的に関心を集めるようになりました。断熱によって、冬暖かく夏涼しい快適で健康な住まいをつくれることがわかってきたからです。もちろん、省エネルギーにも役立ちます。

住宅の断熱材や断熱工法には色々なものがありますが、大切なことは隙間なく断熱するということです。 手抜きをして断熱されない隙間をつくると断熱の効果が半減するばかりでなく、結露が発生します。

日本セルロースファイバー断熱施工協会は、このことの重要性にいち早く気がつき、責任ある断熱工事を世に広めていこうという主旨で設立されました。また、セルロースファイバーは古紙を再利用したものなので、エコ材料であることがもっとも大きな特長です。古紙は元々は木材で、吸放湿性という木材の特長を有しており、木造の建物に対しては馴染みやすい、違和感のない材料です。

施工後の沈降の問題も解決され、エコロジー時代・リサイクル時代の寵児となることを期待しています。

国立研究開発法人 建築研究所 理事長 坂 本 雄 三(東京大学名誉教授)顧問(非常勤)
1971年 北海道大学理学部地球物理学科卒業
1978年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程終了(工学博士)建設省建築研究所入所
1990年 名古屋大学工学部建築学科助教授
1994年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教授
1997年 同教授 専門は建築環境工学(特に、熱環境、空調システム、省エネルギー、シュミレーション
※空気調和衛生工学会便覧編集委員会委員
※次世代省エネルギー基準解説書編集委員会委員長
※建設省建築審議会建築行政部会建築生産分科会・協力委員
入試情報
  • 株式会社デコス
  • 坂本雄三紹介
  • 経済産業省補助事業参加